地域 店名 解説
長崎 普天河 「早い 安い 旨い」と三拍子揃った店。値段を気にせずに料理をテーブル一杯に並べられるのが嬉しい。300円メニューで飲み会も良し。
要町 つけ麺道たけし カウンターのみの店内だが、常に行列必至の人気店。この店でつけ麺が好きになったというファンも多い。普通、中盛、大盛がすべて同一料金という太っ腹。
長崎 らー麺 きん 東長崎のラーメン度数は高い。外観はちょっと地味だが、こちらもつけ麺の行列店。スープは超濃厚な魚介系。普通のラーメンは650円。もちろん高レベル。
南長崎 ラーメン ふじ 地元中華の代表。450円のラーメンは、オールドファンにとっては「ラーメンはこれだ!」という定番の味。
南長崎 松葉 時代の流れで「トキワ荘」は消えてしまったが、ここは健在。もちろん、ラーメンライスも健在。昭和30年代、貧しい若者にとって中華ソバはご馳走であり、立派なおかずでもあった。グルメ気取りがウンチクを語るような今どきの味ではないが、それがどうした?今日も多くの漫画ファンが“小池さん”を探しに来る…。
「要町グルメ」メニューページに戻る
ページトップへ戻る